日々続けられる事のありがたさ。

IMG_0257

 

 

 

 

 

 

 

ホームページをリニューアルしたことで、
久しぶりに自分のブログを持つ事になりました。

昔は相当なブロガーだったんですが、
SNSなどに少し浮気している間に、
ブログはとんとご無沙汰していた次第です。

さて、最近は店舗に立つ事も少なくなり、
たまにお会いするお客様からは、

 

 

「最近は何をしているの?」

 

 

と、よくよく聞かれてしまうのですが….。

僕は元々現場叩き上げの人間ですので、
今でもたまのイベントなどでカウンターに立つと、
やっぱり楽しくて仕方ないのですが、
3店舗にしてから、しばらくしてから
ふと思ってしまったんです。

 

 

「このままじゃ駄目だ….」

 

 

社長である僕がいつも独断を振るう。
スタッフたちは僕がいる事で萎縮や依存をする。
次第に自ら考える現場がなくなっていく….。
そんな悩みや迷いが頭をよぎる毎日。

そして1年くらい前から、
スタッフみんなが思いを育てながら、
スタッフ本意で動いていくお店を目指して、
僕は現場の一線から引く事にして、
彼らの思いを実現するためのフォロワーに
なりきろうと決めたんです。

自分が動かない現場。
さすがに、初期はいろいろな事が起きました。
いや起き過ぎました(苦笑)。
笑えない日々も続きましたし、
僕自身もただただ悶々とするだけ。

手を出さないこと、やらせることの難しさは、
本当にハンパじゃないくらい苦しかった。

 

 

そうこうしているうちに、
今度は自分の身体に少し異変が起きました。

 

 

原因不明のめまいやふらつきを起こし、
立てない状況が頻繁に起こるようになったんです。
2年前くらいからその兆候はあったのですが、
ここ半年くらいは本当に月1〜3回のペースで、
立てなくなってしまう。

いろいろなお医者様に藁をも縋る思いで通いました。
最近になってやっとメニエル症候群のようだと、
一応の「病名がついた」のですが、
それもまだ信憑性はなく、
投薬で抑えている日々ではあります。

そうなった事で、
「強い自分」を疑いだしましたし、
「自分じゃない誰か」が会社を守ってくれていることに、
とても改めて強い感謝が生まれました。

 

 

怪我の功名です。

 

 

任せようと決めるより、
任せないといけない状況が生まれてしまった事で、
ガツンと頭を打たされたということです。

自身の健康はもちろんですが、
スタッフや家族、その他の仲間に支えてもらって
日々過ごさせて頂けている事がいかにありがたいか、
精神に擦り込まれた気がします。

そうこうしている間に、
スタッフもひとりひとり本当に強くなってきました。
自分の担当店舗を「自分の店」と言い切ってくれるリーダー。
小さな失敗を次の糧にするため、
方法論を伝えてくれる若いスタッフ。
「自力」を上げてくれているシーンが、
弊社のそこかしこに生まれだしています。
目を細めて見ていられる事も多くなりました。

身体は少しずつ快方に向かっています。
毎日おかしくなる病気でもないですし、
命までとられる様な事はありません。
時にはお酒も飲んでますし、
時間があることを利用して、
今までやれなかったことや、
「仕事以外の旅」も少し始めています。

本当に身体は元気な日は相当元気ですし、
日和薬というか、ゆっくり治療することにしています。
どうぞ、心配ご無用です…(笑)

今は、スタッフたちの奮闘を見てやってください。
僕だってもちろん、時々ですけれど、
お店のカウンターの外でいますし、
どこかで飲んでいる時や
イベントにももちろんいますので、
またお会いしたらご挨拶させてください。

 

 

近況報告になりましたが、
折角のブログスタートですので、
今の等身大の気持ちの表明といった感じです(笑)

長文、失礼致しました。

写真は、先週のもの。
昨年のアメリカ旅でお世話になった、
サンディエゴ・コロナドブルーイングの
CEO・リック・チャップマンさんが
弊社dig beer baRにお越し頂いた時のもの。

ほら、元気でしょ(笑)